情報時代にVanyatanが勝手に選りすぐった記事を無責任に解説・提言いたします。元は「利用価値のない日々の雑学」から分派致しました。


by vanyatan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

各キャリアの春休み商戦向けの携帯端末が発表された。先にドコモとauの発表に遅れること10日後、ソフトパンクも春の新作を発表し、これで3キャリアが出揃ったが、正直なところ、一般的にいうと、ここでも3キャリアの差がはっきりした。

auは、11機種中、8機種にワンセグを、ドコモは薄型モデルに徹した。個人的には携帯端末は道具だと思っているから、小さくて、軽くて、繋がりが良く、維持費が安ければ良い。しかし、現在の携帯市場そのものがそういう方向性に向いていない。
ここのところauは、常に他キャリアより一歩先んじている。しかし、よくよく考えると、auは、常にf0058462_2252547.jpg良し悪しは別として、その考え方に関しては斬新だったと言える。例えば、端末に関しても低年齢層を早くからターゲットとし、デザイン重視を前面に出した。勿論デザインだけでなく、ソニー・エリクソンに見られる様に、機能上位の端末もラインナップしていた。又、いわゆる、1円端末という値頃感も、他社に先んじた。販売店への還元率も高く、黙っていても売れるドコモより、良い場所に展開された店舗も多かった。又、通信サービスもiモードに出遅れたネット接続もイメージ的には負けていたが、第三世代の導入で一気に挽回した。結果、ビジネスシーンで強いドコモに対し、プライベート携帯の色濃く、特に、主婦層や学生に訴求出来た。この結果が、MNPでおとっつぁんはドコモだが、母子は皆auという家庭でのオセロが反転する様に軒並auへの端末変更に繋がったと言えよう。事実、そういう家庭は筆者の知り合いでも沢山あった。

今回も流行りのワンセグを採用。同分野では若干遅れ気味だったソフトバンクを一気に抜き去り、引き離す公算であろう。契約者数からして立場上迎え打つ側のドコモは相変わらずビジネスシーン頼り。確かに筆者的にはワンセグなんて必要ないが、同時にモバイルスイカも不要なのは事実。つまり、movaからFOMAになってから通信面も含めて何の恩恵にも授かっていない。

ここで確認しておきたいのが、携帯電話の市場が伸びて本当に恩恵を受けたのは誰なのか。f0058462_22522876.jpgそれはユーザーでなく、この携帯開発・販売の商社を中心としたサークルの中に入っていたものだけである。そしてそのサークルに関与している人たちが、自動車を生産するに近いほど、色々な方面に恩恵を及ぼしていたのである。だから携帯市場は伸びたが、その代償はすべてユーザーが負担しているのである。今や高校生は携帯電話のためにバイトをしている確立が60%を越える。しかも彼等は会話ならまだしも、メールという方法で勘違いなコミュニケーションを交わしている。しかも、携帯の機能は既にそういう世代に何を訴求できるかというコンセプトで造られている。

自宅でワンセグを観るという筆者の世代には至って奇妙な現象が4月以降は増えるという訳だ。
[PR]
by vanyatan | 2007-01-25 22:45 | 生活
百貨店の売上が、又、前年を下回った。
日本百貨店協会がまとめた2006年の全国百貨店売上高は前年比0.7%減(既存店比較)の7兆7700億円と、10年連続で前年の水準を割り込んだ。
f0058462_11304063.jpg大きな要素としては、衣料品の低迷。夏物はクールビズ効果で順調に推移したものの、暖冬による冬物が思うようにのびなかった。頼りにしていたボーナス商戦も不透明な景気の行く末に貯蓄組や、エンジョイ重視の旅行組に持っていかれ完敗だった。
売上高を商品別にみると、主力の衣料品が前年比1.2%減で、特に婦人服は0.6%減はと4年連続で前年を下回っている。一方で、物産展や季節商材が好調だった食料品は0.2%増と5年ぶり前年を上回った。それ以外には雑貨(0.2%増)やバッグなどの身の回り品(1.1%増)は2年連続でプラスであるが、これに関しては高額品が数字を引っ張った。消費の二極分化がここでもはっはりしたという見方が出来るかもしれない。

百貨店という言葉自体もかなりピンと来ないのが、現状ではないか。特に、最近は郊外に大規f0058462_11311341.jpg模なショッピングモールが建設され、こういう場所には週末に自家用車に家族連れで、わざわざ都会から高速代迄使って来る人達もある。色々な専門店やレストランにシネコンまであるから、どちらかというと、こっちの方が百貨店の様だ。又一方で「駅中」が流行りである。品川駅の成功に、山手線でも大崎駅、さらには上野駅というところが続く。入場券まで買って入る例がある程の人気である。百貨店がどんなに駅前や駅の近くにあったとしても、駅から出ないのだから勝負のしようも無いという物だ。

しかし、百貨店とはよく言ったもので、扱いの無い商品が多すぎる。たとえば、電気製品だ。パソコンしかり、テレビしかり、冷蔵庫・洗濯機しかりである。こういう商品は以前は百貨店でも買えた。しかし、アキバの電気街に加え、専門の量販店が駅周辺にも、又、郊外にも台頭してきた為に、その利便性と価格面から客足の流れが変わった。簡単にいえば、「電気とITの百貨店」がこういうカメラ・電気系量販店なのである。この傾向は、実はすべての「商材」で現れていることで、例えば、ドラッグストアーは売薬や化粧品の「百貨店」であり、ホームセンターは生活空間の「百貨店」、つまりはデパートなんかよりずっと単品の品揃えが多い。それを言うなら最近では「100円ショップ」も立派な百貨店であり、前述したようにそういう「専門百貨店」の集合体である「ショッピングモール」に買い物の魅力を感じるのは庶民の当然の心理なのであろう。

では所謂百貨店は何処へ行くのか? それが分れば苦労はないが、答えはふたつ。デパート発祥の形態に帰るか、買い物以外の色を出すかと゜ちらかである。前者、つまりデパートとは当初は「スーパー」と同じ安売り店であった。個店よりも品揃えを充実させ、しかも安価で売ったのがデパートの始まりである。時と共に、にデパートは勝手に「高級化」した。そして後者。専門量販百貨店がまだ出来ないのは「文化・芸術」である。何も、地下3階から15階まで全部美術館にしろと言っているのではない。デパートに行くと、日頃の喧騒の中では味わえない文化的空間、芸術、それだけでなく、癒しとか健康とか、そんな人間の深層に潜む憧憬を満たしてくれる空間であれば、人はその対価を払うのではないか。
[PR]
by vanyatan | 2007-01-23 11:31 | 経済・産業
2006年のビール系飲料(ビール・発泡酒・第三のビール)の課税ベース出荷量が17日発表され、6年連続でアサヒがキリンの追い上げを鼻差かわして僅差でトップ。実は、驚いた事が二つf0058462_10384547.jpgあり、銘柄別でいうと、ビールはスーパードライの圧勝ということと、キリンは、ビール、発泡酒、その他雑酒それぞれの部門でくまなく消費量を稼いでいること。筆者は「とりあえずビール」派であるが、エビスビールとか、ベルギービール、後は例えば中華で青島ビール、タイ料理でシンハービールというくらいの指名はあるが、後は余り気にしないから、当然の事ながら、ビールの銘柄と生産会社は一致するものの、発泡酒、その他雑酒に関してはどの銘柄がどのメーカーから販売されているのかまでは分からない。

以前に、日本人一人当たりのビールの消費量は世界に比べて少ないというデータを見たことがあるが、自分も含め、夏期のビアガーデンの活況ぶりや、四季を通してのその消費量っぷりから、この倍以上も呑む輩というのは、一体何者であろうかと、その現実を疑う。そういえばスーパf0058462_10394588.jpgードライが発売された当初は「コクがあるのきキレがある」というコピーで、如何にも同業他社の「コク」が売物の商品はキレが悪く、又、キレだけじゃビールじゃなくて炭酸水みたいだぞっという主張に半ば可笑しさを感じたと共に、当時プロゴルファーの御三家だった、尾崎、青木、中島というところをTVCMに登場させ、消費者のみならず、バブル前夜でゴルフに興味をもちだした、小売酒販店の店主をターゲットにした試みにはそのマーケティングリサーチの深さに感服したものだ。一方で爆発的な大ヒットに食の蘊蓄漫画や美食家センセイ方には「このものはビールにあらず」とばかりに叩かれた。それでもいつしかアサヒのフラッグシップ銘柄になり、且つ、とにかくひたすら「鮮度」を強調し続けた結果、ビール販売のトップに踊り出て、今日のアサヒがある。

今年はそのスーパードライ発売20年であり、早くも記念ボトルの発売など戦略にも余念が無い。キリンのラインナップ戦略とのビール商戦一騎討ちは、スーパードライのメモリアルイヤーだけに見物である。


※データはいずれも日本経済新聞より転載
[PR]
by vanyatan | 2007-01-19 10:37 | 経済・産業

軽自動車が台頭

都会の道路を走っているとそんなに多い気はしないが、軽自動車が新車販売を席巻している。スズキワゴンRは、これで3年連続の売上第1位である。自動車という乗り物には二面性があり、道具という側面と共に、これはどちらかというと男性陣に多いのが、趣味という範疇であり、いわゆる大きく高額なオモチャという奴だ。軽自動車は、完全にクルマを道具として価値を見い出している人達の支持であろう。

f0058462_2323881.jpgかくいう筆者も最近は自動車に関して、以前の趣味から道具派にシフトしている。というより、家族の一員から世帯主となり、扶養家族が増えていくに従い、車種のセレクトも対象がせばまって来る。以前から、クルマとはライフスタイルを反映する最たるものだと考えていたが、今、RV車に乗っているのもそうで、7人乗りが必要になるシテュエーションが結構多かった。どうしても子ども達が小さい時、あるいは学校関係のPTAや、サークル活動のお手伝い、友人関係とのレジャー等、家族以外で3列乗車をする機会は多かった。しかし、長女が高校、次女が中学ともなると、流石に家族揃って週末毎に出掛けるなんていう機会もなくなる。今や、年間せいぜい走っても4000kmに、350万で購入し、税金、駐車場代、ガソリン代、保険代その他諸々のメンテナンス費用を考えると、一体1ヶ月にどのくらいタクシーを利用できるのだろうと考え込んでしまう。最近は家内のショッピングカーと化してしまっているだけである。そう、ショッピングカーであるのなら軽自動車が最適であり、その中でならやはりワゴンRというのは中々良い選択なんだと思ってしまう。

ここ数年はクルマり情報にも疎く、相変わらずカローラなんかが一番売れているのだと思っていたが、なんでカローラみたいな中途半端なクルマが売れているのか不思議だったが、最近の傾向に、この国にはクルマをより実用的に、且つ、道具として使用いるという傾向が強まっているのだと思う。都会に比べると、生活必需品である地方に行くとクルマの数は断然多く、そういうところでは以前からよく軽自動車を発見した。とても実用的に使われていた光景である。軽自動車を見直してみようかと思う。
[PR]
by vanyatan | 2007-01-17 23:23 | 経済・産業
最近の子供達は贅沢なのか、それとも、不二家の宣伝やイメージ戦略が下手なのか、二人の10代の娘が居る我が家では、チョコレートなどは買っていても、不二家の生菓子には、とんと縁がない。昔は不二家のプリンやシュークリームと言えば、泣く子も黙る、生洋菓子の王様的存在であった。さらに言えば、不二家の店舗自体も然程見かけなくなった。単に目に入らないのかも知れないし、もしかしたらペコちゃんという存在が、今の子供達には何のステータスも感じないのかも知れないし、そういう筆者も、カーネルサンダースは認知出来ても、現実問題として不二家の店頭にペコちゃんが立っているのかどうかも存じ得ない。

不二家という企業は藤井家の言わば同族会社であるが、不二というのは二つと無いという意味f0058462_2392066.jpgで、そういう凄い自信溢れるネーミングである。事実、何度も書くように、筆者が幼い頃、不二家の様な洋菓子店は二つとなかった。が、故に、今日の大失態に繋がったとも言えるかも知れない。しかし、日本の家庭の中に、スウィーツとして様々な洋菓子が入りこんで行く中で、老舗故に企業努力を怠っていたのも事実。結局は今でもペコちゃん頼みだったのではないか?そうでなければ、少くとも街並みでコージーコーナーと同じくらいの頻度で視界に入って来る筈で、こんな形でこの洋菓子会社を再認識する悲劇にはならなかったと思う。残念だ。これを機に変革を願いたいと同時に、過去の栄光でなく、過去の経験に培った新しい洋菓子業として再出発して欲しい。


※ペコちゃん専用のサイトも不二家のページ内にあるらしいが、現在はすべて謝罪文になっている。
[PR]
by vanyatan | 2007-01-13 23:11 | 経済・産業