情報時代にVanyatanが勝手に選りすぐった記事を無責任に解説・提言いたします。元は「利用価値のない日々の雑学」から分派致しました。


by vanyatan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

12月18日日本経済新聞朝刊、月曜日の人気コラム"SWITCH ON MONDAY"に「自転車の歩道通行、容認9割」という記事があった。調査会社の「歩行者から見た自転車マナー」に関するアンケート結果を元にした内容である。記事では大阪府が昨年7月から「マナーアップ運動」と題して、自転車マナー向上運動という市町村試みを冒頭に、自転車マナーに関する実例をあげていて記事としては纏まっていたが、待てよ、これは本当に自転車だけの問題なのか。

f0058462_1603134.jpg自転車といったって、自転車がロボットの様に勝手に動いている訳ではないという茶々入れは辞めて、元来、日本人は交通に関しては先進国だが、その精神的な部分は実に後進国である。それは、ある意味でアジア全域に関して言える事であるが、日本人は特別で、成人であれば殆どの人が、自動車、自転車、歩行者どの立場にも成りうる。だから、本来それぞれの立場が理解出来る筈なのに、いざ、自動車に乗ると、自転車の立場を忘れてしまい、同様に自転車に乗ると歩行者の気持ちを理解しなくなる人が多い。筆者は以前に日本橋兜町界隈に仕事場があったが、あの周りでは、自転車に乗った証券マンが、めざまし時計の様な警笛を鳴らしながら、歩道の歩行者を当たり前のように退かして走る。社会人になった当初の事だったのでオフィス街は皆、こんな感じなのかと思ったが、やはりあの界隈だけであった。同じ日本橋兜町界隈でも銀行マンの自転車は全然マナーが良かった。

交通先進国のヨーロッパでは、大型車の運転手は、自分達が、乗用車や歩行者の安全を守る立場にあることに誇りを持っているということを、かつてF1ドライバーとして世界で活躍した中島氏がコラムに書いていた時、なるほどと感心し、納得した覚えがある。そういえば、日本では早馬や飛脚が東海道の旅人を退け退けと言いながら築かれてきた交通文化である。が、その飛脚のマークをつけた運送会社ですら、以前は随分高速道路でのマナーには呆れたが、現在では殆どそんな印象はない。これはひとつの企業努力でないかと評価する。要するに、何に乗ろうが乗るまいが、他人との関わりん゛あるのが社会であり、その暗黙の了解の上に成り立っているのだから、その中の何かひとつを取り上げて、「どうか??」といってみても、根本的には何も変わらないのであろう。

しかし、何よりも「マナー」とは他人にとやかく言う以前に、自らが進んで遵守するものである。
[PR]
by vanyatan | 2006-12-20 16:01 | 生活

X-boxは何処へ行く??

コンシューマゲーム機器のひとつであるX-box360が、11月発売以来始めての高売り上げを出した。理由はふたつあり、廉価版コアシステムの発売と、同時にソニーのPS3、任天堂のWiiという二大メーカーの強力新機器との相乗効果である。しかしながら、世界で700万台売れてf0058462_9143591.jpgいる割には、このゲーム大国で20万台そこそこしか浸透していないこのX-boxが悪業績の理由は単にソフトが悪い。良いソフトの開発が待たれるのである。簡単に言えば他のゲーム機器と同じ物を作っていてはこれ以上の発展はない。

セガが以前にハード機器を作っていた時も、例えばソニック(今360にも供給されているが・・・)だったり、サクラ大戦の様な、独自のソフトがコアなゲーマーを牽引した。ファミコン、スーファミでゲーム界の頂点に立った任天堂も最初は自社開発のソフトでその土台を作ったことだ。セガとの違いは、その自社人気ソフトの種類が多かったことと、プレステ登場後も同じ土壌で戦わなかった事である。任天堂は常に、低年齢を対象にしていた。だから、人気ソフトを根こそぎプレステに持って行かれた後も、ニンテンドー64等のコンシューマ機器を出した頃は、人気キャラのマリオやヨッシーを惜し気なく投入し、苦しい時代を乗り越えつつ、一方で、携帯ゲーム機の市場が成熟するのをひたすら待ち続けた。そして、ついに、ポケモンの登場が今日の任天堂を揺るぎないものにした。これから暫くは、そのポケモン世代が成人する。画像の美しさだけでなく、キャラの楽しさで育ったこの世代にプレステ3が訴求できる物は少ない。

さて、X-box360である。この機器の可能性はどうなのか? まず、この機器でしか出来ないソフトの投入である。マイクロソフトは昨今ではマックのCMでもからかわれる様に、そもそもエンタメ性が低い。かといってWindowsとの連携などもっての他だ。筆者はこの際、マイクロソフトの持つビッグマネーでアメコミヒーローの著作権を片っ端から買いあさったらどうかと思う。そしてそれぞれでそんなにコストの掛らない、アクションやパズル系を製作、イザとなったらニンテンドーオールスターをパクって、アメコミヒーロー全員参加の対決合戦をやってしまえば良いと思う。更に余力があるのなら、マリオシリーズの様に、テニスあり、カートあり、ゴルフあり、そうそうここでX-box昔の話題作、ウォータースライダーを引っ張りだしたらどうだろう。少なくとも今よりも話題性に事欠かないゲームになるんじゃないだろうか?スパイダーマンとバットガールのタッグが、バットマン・バイオニックジェニー組と戦うなんて、鉄拳より面白いかも…?
[PR]
by vanyatan | 2006-12-18 09:16 | エンターティメント
レッドソックス松坂が日本時間の15日に誕生。 契約金は6年契約の5200万ドル。日本円にして約60億円プラス出来高払いという日本人メジャーリーガーでも最高額となった。今朝のテレf0058462_22163126.jpgビニュースでは記者会見を朝7時に地上波では教育とTX(例によってアニメを放映していた)以外は一斉に衛星中継を流した。背番号の「18」も同時に公表した。一部しか見られなかったが、松坂が安堵した様子に、パリーグなので、細かいことまではく知らない選手であるが、その喜びがこちらにも伝わって来た。

昨年からペナントレースでセパ交流戦が組まれてはいるものの、松坂の投球を球場で見たのはわずかに2回。いずれも日本シリーズの巨人戦で、松坂はメタ打ちされた。この時はいずれも最悪のコンディションだったようで敵ながら気の毒であった。我が永久に不滅の巨人軍のエース上原と入団が同期という事もあり、注目していたのは事実。確かに、タダ者ではないが一シーズンを通しての安定感は然程でない年も過去には多く、今年こそ17勝5敗、防御率2点台たったものの、勝ち数のみならず、敗け数も多い投手である。但し、数字による安定感というより、マウンド上での威圧感は大きく、これまでの日本人メジャーリーガーでは、どちらかというと野茂というより、佐々木に近い貫禄がある。

会見で印象的だったのは「大リーグ入団の夢が適ったか」という趣旨の質問に対し、「夢というより、現実にメジャーリーガーになったこと」を強調した。アメリカ人の好きな、dream come trueという考え方もさることながら、この人は昔からこういう自分で成し遂げる事をとても大事にしている人であることを思い出した。過去にも印象に残っているのは、プロ野球で初めてイチローと対決し、彼をきっちり抑えたときに「自分の自信が確信に変わった」とコメントしたことだ。自らの信念をきちんと持っているからこそ、契約金問題でも全く動じなかったのだと分析している。この彼の前向きな考えと、変わらない向上心がある限り、松坂投手は大リーグでも素晴らしい成績を残せるだろう。

かくいう筆者も、国内での巨人同様、MLBは以前滞在の経験もあることから、レジー・ジャクソンの頃から大のヤンキーズファン。松坂はアメリカへいっても筆者にとっては敵役だが、松井もさることながら、A・ロッドやジータとの対決も見ものである。
[PR]
by vanyatan | 2006-12-15 22:17 | スポーツ
ナンバーポータビリティー(MNP)で、ドコモが11月に初の契約数純減は実は予想通り。auへの移行が殆どあり、これにより、ドコモは1993年以来初めて、契約者数が減った。とはいえ、まだ、auとソフトバンクを合計した契約者数を大きく上回っている。MNPに向けての出遅れ、携帯年齢の若年化などに対して、このところのドコモは消費者の対象を絞りこめなかった。

もっとも、筆者にしてみればキャリアより常に端末に注目している。世界的に売れている端末とf0058462_2343318.jpg言えばご存知の通り、ノキア、モトローラ、サムスンが御三家で、上位2社で半数以上を占める。我国の端末メーカーはソニー・エリクソンの4位が最上位で、他のメーカーは全く入っていない。日本でも、特に上位2社の機種を使っている人を発見すると、お洒落だし、携帯を良く知っている人だと思う。

日本人は自分達を携帯先進国だと思っているが、日本製の端末は余計な物がたくさんついているだけで、そもそもが短期間での買い替えを前提に作られているから、世界的には壊れ易いと物凄く不評。大体、携帯先進国が今年になってやっとMNP制度を取り入れるというのだからやはりその意識はちゃんちゃら可笑しい。

筆者も携帯とつきあいだしてそろそろ20年近くになろうとしているが、最初はPというパナソニック製。会社でもたされたから良く知らないが、通話料金が1分間で80円くらいだったと思う。その後、自分で購入したのが、P101、その後、P201、P203、P205、P207とパナソニックが続いたが、iモード機種のP501は不具合が多く、その後はN502、N503、N504、N505と日本電気につきあった。決して良い端末だと思わなかったが、電話帳の登録機能が、他のメーカーより使い易く、見易かったのがその理由。FOMA導入を機に、パナソニックに戻り、P901は久々に気に入った機種で、電池迄買い替えたが、蝶番が壊れてしまい、現在のSO902 に至っている。この機種もいわゆるpreminiってタイプで、軽量で余計な物も余りついてなく、カメラも一応320万画素あるので、デジカメを忘れた時には結構助かる。

別にソニー信者ではないが、身の回りにソニー製品が多く、テレビ、ビデオカメラは勿論の事、一時期はワープロ迄ソニーだった。古くはビデオもベータだったし、逆にソニーでない商品は、パソコンやDVDの様に複数台ある製品の1台(パソコンはノートのIBMとダイナブック、デスクトップはVAIO、DVDはパイオニア)やソニーの扱ってないシロモノ。後はデジカメのキャノン、FAXのパナソニックの様に顕かに、他社製品の性能が上回っているもののみ。携帯電話もついに仲間入りだ。

ドコモの話に戻るが、今ですらauとかソフトバンクとか言っているが、昔はIDOとか、東京デジタルホン。筆者がドコモだった時のIDOなんて、車載の移動体通信で、はっきりいって持っているのが恥ずかしかった。つまり、ドコモを選択するのは全くもって自然の流れだったのだ。とはいえ、最近は料金体系が難しくなり、先のソフトバンク0円のみならず、各キャリアに対して表示の指摘があった。自由競争には反するが、いっそのこと料金プランは統一して、端末の品質で勝負をすれば、もっと携帯電話も個性的な商品になるのではないか?そういえば、ソフトバンクのボーダフォン買収ですっかり忘れていたが、新しい帯域での新キャリア参入の話は何処へ…
(画像はこれぞ携帯端末のお手本、モトローラーの「MOTOFONE」)
[PR]
by vanyatan | 2006-12-13 23:06 | 経済・産業
改めて発表されるもなく、現在のゲーム市場を鑑みれば当然と言えば当然だが、ドラゴンクエストの最新作ⅨのプラットフォームがニンテンドーDSに決定した。元来、ドラクエはプラットフォームの選択は慎重だった。以前はライバル社の人気ロープレ、ファイナルファンタジーが、ゲーf0058462_22364549.jpgムシステムや画像、それにプレス発表等も斬新でセンセーショナルだったのに比べ、こちらは保守的というか、王道というか。スクエニというひとつの会社になっても、相変わらずその路線は変わらないようだ。

現在のゲーム市場を考えればこれは当然の選択。同時にPS3導入への魅力も薄れたが、その辺りはさすがはスクエニで、FFの最新作13はPS3を予定しているが、この辺りのFFの伝統も守りつつある。当然のこと、FFは圧倒的な映像の威力でゲーマーに戦慄を与えるに違いない。

新作をいきなり携帯ゲーム機というのも今回が初めてで過去の移植とも違う。筆者ですら始めは、「Ⅸ」と「Ⅳ」を見間違えて、シリーズの中でも評価の高かった同タイトルの単なる移植だと思ったくらいだ。ある意味で、ドラクエとFFは、ソフトの人気もあって、逆にゲーム機の売上を伸ばしてきた貢献度の高い作品である。今までは「方向性が違う」という片付け方をされてきた、PSPとの販売合戦も、ドラクエの参入はDS優位に大きく貢献するであろう。

そうは言っても、「ポケモン」の人気もあって、相変わらずDSは品薄らしい。携帯ゲーム機は過去を振り返っても特に、年末やボーナスの商戦期にこのパターンが多く、特にゲームボーイ以降、任天堂にはそういう印象がつきまとう。ドラクエ発売本数にあったハードの生産も、通信ゲームが市民権を得つつある今日、今後のゲーム界を占う鍵になるであろう。
[PR]
by vanyatan | 2006-12-12 22:37 | エンターティメント

自民党復党問題

f0058462_021519.jpg復党問題が、ここに来て揺れている。特に、岐阜1区は先の選挙中から女の戦いとしてクローズアップされていたので、マスコミもやたらとここを追いかける。

まず、復党直前の野田議員のコメント、「国民が郵政改革を望んだ?」から復党する。だけど貴方に投票した有権者はそれを望まなかった国民ではないのか?それから、今になっては孤軍奮闘の感のある佐藤議員もやたらと支部長だの公認候補を連呼する。まぁ、大臣経験もある野田氏に比べ議員経験も浅く実績も無い、ましてや委員会の採決にも無断欠席して個人を優先する意識レベルの佐藤氏では、言葉の重みが違うのはいた仕方ない。

ただ、本国は議会民主制であり、衆議院は小選挙区比例代表並立制なのであるから、野田が復党しようがしまいが岐阜1区は野田が代議士である。

f0058462_0235339.jpgそして前回の「選挙民ですら勝ち馬に乗った」衆議院選挙では、比例は自民と書いた人は殆どで、結果、両議員を支持している人は多い。つまり、前回の尋常では無い衆議院選挙の総括を今更したって何の意味も無い。こうしている間にも、岐阜市は今、中小企業は経営危機の状態にあるところが多い。要はこれから何をしてくれるかに関しては両議員とも全く白紙である。野田は郵政民営化に反対した自分の支持者をどう美しい国の民として導き、応えるかであり、佐藤に至っては、まず、国会は立法府であるという基礎から勉強して貰いたい。
[PR]
by vanyatan | 2006-12-11 00:35 | 政治