情報時代にVanyatanが勝手に選りすぐった記事を無責任に解説・提言いたします。元は「利用価値のない日々の雑学」から分派致しました。


by vanyatan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:生活( 5 )

自転車3人乗り

明日、7月1日から道路交通法が改正され、注目されている自転車に対する規制が厳しくなる。一方で警視庁の広報はこれを「自転車3人乗り解禁」という表現で、今回の改正は如何にも緩和方向にあるという意図を打ち出している。各地でも講習会を開いているが、先日、私の関係でも開催され、3人乗り自転車講習会をメーカー色を顕わに開催した。事実、「自転車3人乗り解禁」は事実であるが、これには「3人乗り用自転車」という新しい車両が必要になる。また、全市町村が解禁をしているわけではなく、一方で罰金等の罰則規定もない。要するに、自転車という「交通法弱者」への対応は何も新しい考えは進んでいないのが現状だ。

f0058462_14255269.jpgこれに対してのマスコミも意地悪な表現で国民を惑わす。「新しい専用の車両を買わなくてはならない」という言い方。しかし、これはあくまでも国民を惑わす言い方で、新しい車両か必要、イコール、金が係る、そして、その自転車を買えるものだけが新法の恩恵を受けることができる。しかし、違う表現、例えば「新車両に変えることで解禁の対象になる」という表現をすると、そうか、自転車を変えるだけで3人乗りが認められめるのならその方が安心であると、前向きに購入を考える。メーカーだって当然、新車両は安全重視で作っているのだから、それが20万もするようなものなら兎も角、自転車はせいぜい50000円程度のもの。可愛い家族のためなのであれば、くだらない玩具や洋服を買うよりもずっと価値のある買い物ではないか。

もうひとつ、警察は全市町村に義務付けるべきであり、同時に、どうしても3人乗りが必要に家族に対しては、各自治体で購入補助金の導入を促すべきである。事実、自転車事故が頻繁におこる東京23区などでは、今でも年間に可也多額の「全く使われない補助金」枠というのが、ひとつひとつは小さいがかき集めれば、年間で1000万単位の金額は算出できる。こういう制度を確立し、積極的に町の自転車屋さんで広報して、せめて、15000~20000円程度で自転車の買い替えができれば、可也浸透するはずである。申し訳ないが、10000円以内の海外製自転車は、どうせ1年くらいで壊れてしまうのだから、この方が良いのではないか。前橋市はすでに「半額助成」を打ち出している。とても良い傾向だ。

f0058462_14263386.jpg同時に自転車は乗る人間もマナーとモラルも大事である。その手本はオランダのダッチバイクライフをもっと見習うべきだ。ダッチパイクは大変自転車の質が高く、リーズナブルであるが一方でオランダ国民の自転車ライフは良い手本である。特に感心するのは、停車中にはサドルから降りている。オランダで自転車の信号待ちをしている光景を見た人は驚くと思う。また、自転車も色々な種類があり、前面に子供を3人乗せられるタイプもある。こんな自転車が街中を堂々と走っている(日本では静岡の大仁サイクルスポーツセンターにでも行かないとお目にかかれないような自転車)ほど、人も都市もきちんと理解と整備がされているのである。

良い機会なので、まず身近な交通ルールをひとりひとりが考えるべきなのではないか?
[PR]
by vanyatan | 2009-06-30 14:28 | 生活
電化製品の寿命が何年くらいなのかはそれぞれ使い方にもよると思うが、筆者宅ではなんと結婚以来20年間買い換えていない電化製品が3種類もあった。洗濯機、電子レンジ、エアコンである。エアコンは正確に言うと、同時に何台か購入したが一度引越しをした際に新しい住まいは殆どの部屋に既にエアコンが完備されていたので1台だけ持ってきたのが今現在も健在である。それ以外の主な電化製品の寿命は様々だが、意外に短いのが冷蔵庫で既に結婚してから3代目。つまり平均6.7年という短い寿命である。(但し、このエコ時代に20年前の電化製品などは果たして使用しても良いのだろうかという疑問も一方で生じている)。

f0058462_19311482.jpgその次に長かったファクシミリを先日買い換えた。というか、「いえデン」なんて最近は殆ど使うことがなく、架かってくるのはセールスの電話ばかり。なまじ古い商品だからナンバーディスプレイサービスを付加してもアダプター表示させていて、電話機で拒否はしてくれないから、非通知も掛かってきて(でも出ないけれど)最近はうるさかった。しかし、仕事柄、自宅でファクシミリを受け取ることも多いし、メールだけでは事足りないことが多い。数年前から留守番電話機能が壊れていたが、殆ど不自由なことはなかった。

しかもパナソニックのKX-PW5CLという、知る人ぞ知るファクシミリ電話機の名機でもあるから(子機の造りなんて現在の機器とは比較できないくきらい頑丈)正直、買い替えの必要性は感じなかった。それに以前もこのブログでも書いたが「感熱紙」であること。これは重要だ。普通紙ファクシミリなんて正直なところ必要ないのも事実。コストも高いし、なんといってもリボンの装着はかなり進化したとはいえとても面倒。考えてみれば、ウチはプリンターが電話機能が装着していない複合機だから、パソコンにファクシミリを連動させれば事は足りるのだが、一方で四六時中在宅している訳ではないから(寧ろ殆ど居ないわけで・・・)、パソコンのファックス機能はナンセンスである。なかなか世の中はうまく行かないものである。結果、留守電機能が壊れているという理由だけだったが、家内の強い要望もあり買い換えた。

自宅に持って帰ってきて更に驚き。大変コンパクトである。今までは電話台一杯に置いてあったが、今はメモ用紙に卓上カレンダーに、一輪挿しも一緒に置いている。また、家族には「名前呼び出し機能」が大うけ。勿論、NTTのナンバーディスプレイを契約していないと使えない機能だが、いかにも機械っぽいイントネーション(ロボットなんかの音声と同じ??)の評判が良い。まぁ家族が満足しているのだから良しとするのがいいのだろう。
[PR]
by vanyatan | 2009-05-10 19:32 | 生活

多才なファックシミリ?

ファクシミリが最近、多機能になって来たらしいが、この傾向は数年前からあった。

家庭用ファクシミリをダメにした大きな理由(機能)として、普通紙化とハンディスキャナーがあった。
逆に言えば、この2要素で2000年に家庭用ファクシミリは売れまくった。

普通紙は保存性の低い感熱紙使用に比べ、如何にも利便性が高いように思えたが、一方で印字に必要なインクリボンやインクジェットのランニングコスト、特に前者においては、交換の手間も大変だ。

又、ハンディスキャナーというのも、一見するととても便利なものに感じ、特にコードレスタイプは本体と離れて居て、「メモリ機能だから、本機とどんなに離れていても使える」という特徴もあり、販売員なんかは皆、それをウリにお薦めしていたが、実はこの読み取りとても難しく、慣れないと中々綺麗な再現ができなかった。

2001年に、初めて、売上ベースで前年を下回ったファクシミリは、右へ倣えでなく、各メーカーが独自の道を歩み始めたのである。

例えば、シャープは受信文書の内容が印刷前に見えるという機能を付加した。キャノンはカラーファクシミリに必用に拘った。松下はおたっくすとパナファックスの2系統があったが、コードレス電話機と共に、デジタルに拘り、同時にドアホンとの連動を考えた。国内では後発であったブラザーは、複合機を低価格で提供したが、ネームバリューが今ひとつであった。NECとソニーは一時的に連繋をしたが、結局ソニーは2年で降りてしまった。

しかし、この様な付加価値機能をつけて単価を上げる努力をしたにも関わらず、売り上げどころか、2002年には台数ベースでも前年を下回った。大きな要因はパソコンとの明確な棲み分けが出来なかったことである。Eメールが一般的になりつつあったことでファクシミリの意義が薄れてしまった。また当時、携帯のiモードが爆発的に当たったことから、NTTはLモードというまさに、苦肉の一発を出し、大失敗。この失敗は、ファクシミリ市場そのものへも不信感へと繋がり大打撃となり、各電気店、量販店の売り場でも、電話機・FAX機のスペースは最盛期の10分の1以下になった。

f0058462_12302442.jpg筆者が思うにファクシミリというのは、今や日常生活においてはメインな機器では無い。但し、電子メールがすべての人に行き渡っているかというとそれは違う。又、ビジネスシーンでは、業種にもよるが、ファクシミリの用途はまだまだ電子メールより高い。

ということは、パソコンの補助機器であると同時に、どちらかというと郵便の補助機器であるということだ。

ファクシミリの始まりは電話の補助機器であった。電話という音声だけでは伝わりにくいことを文字や絵、ビジネスシーンの書類として送信して、コミュニケーションを深めるものであり、決して、メインな機器ではないのである。

今、ファクシミリの多機能化が、又、注目されているそうであるが、この補助機器であるかぎり、筆者は以前からの感熱式でコンパクトなファクシミリこそ、ベストな選択だと考えるが・・・。

(画像はパナソニック KX-PW606DL-W デジタルで盗聴防止になる。コンパクトサイズで良いが、残念ながら普通紙。これで感熱紙なら完璧・・・)
[PR]
by vanyatan | 2007-09-05 12:35 | 生活
各キャリアの春休み商戦向けの携帯端末が発表された。先にドコモとauの発表に遅れること10日後、ソフトパンクも春の新作を発表し、これで3キャリアが出揃ったが、正直なところ、一般的にいうと、ここでも3キャリアの差がはっきりした。

auは、11機種中、8機種にワンセグを、ドコモは薄型モデルに徹した。個人的には携帯端末は道具だと思っているから、小さくて、軽くて、繋がりが良く、維持費が安ければ良い。しかし、現在の携帯市場そのものがそういう方向性に向いていない。
ここのところauは、常に他キャリアより一歩先んじている。しかし、よくよく考えると、auは、常にf0058462_2252547.jpg良し悪しは別として、その考え方に関しては斬新だったと言える。例えば、端末に関しても低年齢層を早くからターゲットとし、デザイン重視を前面に出した。勿論デザインだけでなく、ソニー・エリクソンに見られる様に、機能上位の端末もラインナップしていた。又、いわゆる、1円端末という値頃感も、他社に先んじた。販売店への還元率も高く、黙っていても売れるドコモより、良い場所に展開された店舗も多かった。又、通信サービスもiモードに出遅れたネット接続もイメージ的には負けていたが、第三世代の導入で一気に挽回した。結果、ビジネスシーンで強いドコモに対し、プライベート携帯の色濃く、特に、主婦層や学生に訴求出来た。この結果が、MNPでおとっつぁんはドコモだが、母子は皆auという家庭でのオセロが反転する様に軒並auへの端末変更に繋がったと言えよう。事実、そういう家庭は筆者の知り合いでも沢山あった。

今回も流行りのワンセグを採用。同分野では若干遅れ気味だったソフトバンクを一気に抜き去り、引き離す公算であろう。契約者数からして立場上迎え打つ側のドコモは相変わらずビジネスシーン頼り。確かに筆者的にはワンセグなんて必要ないが、同時にモバイルスイカも不要なのは事実。つまり、movaからFOMAになってから通信面も含めて何の恩恵にも授かっていない。

ここで確認しておきたいのが、携帯電話の市場が伸びて本当に恩恵を受けたのは誰なのか。f0058462_22522876.jpgそれはユーザーでなく、この携帯開発・販売の商社を中心としたサークルの中に入っていたものだけである。そしてそのサークルに関与している人たちが、自動車を生産するに近いほど、色々な方面に恩恵を及ぼしていたのである。だから携帯市場は伸びたが、その代償はすべてユーザーが負担しているのである。今や高校生は携帯電話のためにバイトをしている確立が60%を越える。しかも彼等は会話ならまだしも、メールという方法で勘違いなコミュニケーションを交わしている。しかも、携帯の機能は既にそういう世代に何を訴求できるかというコンセプトで造られている。

自宅でワンセグを観るという筆者の世代には至って奇妙な現象が4月以降は増えるという訳だ。
[PR]
by vanyatan | 2007-01-25 22:45 | 生活
12月18日日本経済新聞朝刊、月曜日の人気コラム"SWITCH ON MONDAY"に「自転車の歩道通行、容認9割」という記事があった。調査会社の「歩行者から見た自転車マナー」に関するアンケート結果を元にした内容である。記事では大阪府が昨年7月から「マナーアップ運動」と題して、自転車マナー向上運動という市町村試みを冒頭に、自転車マナーに関する実例をあげていて記事としては纏まっていたが、待てよ、これは本当に自転車だけの問題なのか。

f0058462_1603134.jpg自転車といったって、自転車がロボットの様に勝手に動いている訳ではないという茶々入れは辞めて、元来、日本人は交通に関しては先進国だが、その精神的な部分は実に後進国である。それは、ある意味でアジア全域に関して言える事であるが、日本人は特別で、成人であれば殆どの人が、自動車、自転車、歩行者どの立場にも成りうる。だから、本来それぞれの立場が理解出来る筈なのに、いざ、自動車に乗ると、自転車の立場を忘れてしまい、同様に自転車に乗ると歩行者の気持ちを理解しなくなる人が多い。筆者は以前に日本橋兜町界隈に仕事場があったが、あの周りでは、自転車に乗った証券マンが、めざまし時計の様な警笛を鳴らしながら、歩道の歩行者を当たり前のように退かして走る。社会人になった当初の事だったのでオフィス街は皆、こんな感じなのかと思ったが、やはりあの界隈だけであった。同じ日本橋兜町界隈でも銀行マンの自転車は全然マナーが良かった。

交通先進国のヨーロッパでは、大型車の運転手は、自分達が、乗用車や歩行者の安全を守る立場にあることに誇りを持っているということを、かつてF1ドライバーとして世界で活躍した中島氏がコラムに書いていた時、なるほどと感心し、納得した覚えがある。そういえば、日本では早馬や飛脚が東海道の旅人を退け退けと言いながら築かれてきた交通文化である。が、その飛脚のマークをつけた運送会社ですら、以前は随分高速道路でのマナーには呆れたが、現在では殆どそんな印象はない。これはひとつの企業努力でないかと評価する。要するに、何に乗ろうが乗るまいが、他人との関わりん゛あるのが社会であり、その暗黙の了解の上に成り立っているのだから、その中の何かひとつを取り上げて、「どうか??」といってみても、根本的には何も変わらないのであろう。

しかし、何よりも「マナー」とは他人にとやかく言う以前に、自らが進んで遵守するものである。
[PR]
by vanyatan | 2006-12-20 16:01 | 生活