情報時代にVanyatanが勝手に選りすぐった記事を無責任に解説・提言いたします。元は「利用価値のない日々の雑学」から分派致しました。


by vanyatan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:経済・産業( 6 )

家電量販店業界第1位のヤマダが新橋に出店した。

f0058462_1394415.jpg今年になって池袋、大井町と首都圏、それも東京のターミナル駅への出店を続けている。また、年内、12月14日には、電気の聖地「秋葉原」へも出店をする。電気専門店が牙城を連ね、さらにはヨドバシの巨艦も控えるこの場所への出店は、まさに「討ち入り」である。

そんな中、昨日のメディアのインタビューに回答していた消費者の決めては「安さ」と言っているが、果たして「安さ」だけで勝てるだろうか。
ネットショッピングが市民権を得ている現状、「安さ」だけでは太刀打ちできない。やはり「サービス」なのである。
今都市部は、以前に御三家と言われた「ヨドバシ、さくらや、ビック」が、かつて量販店の中でもカメラ屋からスタートしたことで、「カメラ専門店」と言われていたが、さくらやが脱落。今後は、ヤマダが加わった「YYB戦争」が展開される。そして、以前のカメラ屋戦争は「ポイント合戦」が大きかった。確かに現金還元もあったが限度があり、それをポイントという形で補ってきた。今、このポイント制度というのは、コンビニですらも取り入れている。ポイントの良いところは、お客にも何かとても得をした感じがあるし、一方で店側は、すぐに現金が手に入る。例えば、ポイントを使って1000円のものを購入しようとしたお客に、「現在はポイント20%還元中です」と言えば、1000円現金を出すことにより、200円の次回以降の利益がある。これは、良く考えれば、通常より100円しか得をしないし、それも次回の購入の際であるから、冷静に考えるとそんなに得とは思えないが、優秀な販売員は、例えば時期的に「纏め買い」をするお客には巧み誘導する。50万円の液晶テレビような高額商品を買おうものなら、20%還元だと50000円も違う。50000円違えば、洗濯機なら乾燥機付も買えるし、家電製品が1品増える訳だ。その辺りの「提案」がサービスなのである。ヨドとビックの販売員はこういう点に長けている。何度もいうが、店舗も「現金収入」が一番有り難いのだから当然といえば当然だ。

しかし、一方でこういう懸念もある。「ポイント使い逃げ」である。価格競争になれば、大型店では圧倒的にヤマダは安い。まだ東京に店舗が大泉しかなかった頃も、新宿からはヨドが、池袋からはビックが、マーケティングリサーチの人間を毎日送っていた程だ。一部のお客も、ヤマダの金額をぶつける。ヨド・ビックはポイントで対抗するという図式。だが、ヨドもビックもそれほど相手にしていなかったのは、ヤマダはまだ、大泉という遠い場所に存在していたからだ。
今回の価格競争、プラス、新規オープンの目玉である「ポイント10倍、20倍」を前面に出せば、ヤマダの単価を出汁に、ヨドで値切って、ポイントで「買い逃げ」する輩が増えることもあり得る。つまりは、ヨドやビックのファンというのは「ポイントを貯めている」層が多い。それも、10万、20万ポイントなんていうのは、結構ザラに居る。そういう連中が、現金還元だけでポイントを捨てたら、ヨドとビックは、一気に「ポイント遣い逃げ」され、ヤマダに走る傾向があるといえよう。しかも、ヨド、ビックの高ポイント保持者の確率は大変高い。何度も書くが、ポイントを使われただけでは一銭の売り上げもないのと一緒だ。

また、大事なことは、ヨドとビッグはお客が育てた店であるという言い方ができる。それは創業の頃に多かったお客様主義に徹底した気骨のある販売員がたくさん居て、彼らはお客の動向から自分たちのサービスを確立させていった。例えば、アキバのソフマップが家電を置くらしいが、ビックが親会社でありながら、首をかしげる。アキバという土壌こそ、もっとコアなお客に、ソフマップが育てられるのであり、だから家電なんか置かずに、IT機器だけで、アキバの客と、週本の店舗と勝負して欲しいものだ。そしてこのように今のビックに、昔の方向性はないのは大変心配である。

余談だか、この3すくみを「三國志」に例えた評論家がいたが、ということは、この3社以外の企業が勝者になると言う訳なの。司馬は魏の軍師であったのだから・・・。
[PR]
by vanyatan | 2007-12-07 13:10 | 経済・産業
百貨店の売上が、又、前年を下回った。
日本百貨店協会がまとめた2006年の全国百貨店売上高は前年比0.7%減(既存店比較)の7兆7700億円と、10年連続で前年の水準を割り込んだ。
f0058462_11304063.jpg大きな要素としては、衣料品の低迷。夏物はクールビズ効果で順調に推移したものの、暖冬による冬物が思うようにのびなかった。頼りにしていたボーナス商戦も不透明な景気の行く末に貯蓄組や、エンジョイ重視の旅行組に持っていかれ完敗だった。
売上高を商品別にみると、主力の衣料品が前年比1.2%減で、特に婦人服は0.6%減はと4年連続で前年を下回っている。一方で、物産展や季節商材が好調だった食料品は0.2%増と5年ぶり前年を上回った。それ以外には雑貨(0.2%増)やバッグなどの身の回り品(1.1%増)は2年連続でプラスであるが、これに関しては高額品が数字を引っ張った。消費の二極分化がここでもはっはりしたという見方が出来るかもしれない。

百貨店という言葉自体もかなりピンと来ないのが、現状ではないか。特に、最近は郊外に大規f0058462_11311341.jpg模なショッピングモールが建設され、こういう場所には週末に自家用車に家族連れで、わざわざ都会から高速代迄使って来る人達もある。色々な専門店やレストランにシネコンまであるから、どちらかというと、こっちの方が百貨店の様だ。又一方で「駅中」が流行りである。品川駅の成功に、山手線でも大崎駅、さらには上野駅というところが続く。入場券まで買って入る例がある程の人気である。百貨店がどんなに駅前や駅の近くにあったとしても、駅から出ないのだから勝負のしようも無いという物だ。

しかし、百貨店とはよく言ったもので、扱いの無い商品が多すぎる。たとえば、電気製品だ。パソコンしかり、テレビしかり、冷蔵庫・洗濯機しかりである。こういう商品は以前は百貨店でも買えた。しかし、アキバの電気街に加え、専門の量販店が駅周辺にも、又、郊外にも台頭してきた為に、その利便性と価格面から客足の流れが変わった。簡単にいえば、「電気とITの百貨店」がこういうカメラ・電気系量販店なのである。この傾向は、実はすべての「商材」で現れていることで、例えば、ドラッグストアーは売薬や化粧品の「百貨店」であり、ホームセンターは生活空間の「百貨店」、つまりはデパートなんかよりずっと単品の品揃えが多い。それを言うなら最近では「100円ショップ」も立派な百貨店であり、前述したようにそういう「専門百貨店」の集合体である「ショッピングモール」に買い物の魅力を感じるのは庶民の当然の心理なのであろう。

では所謂百貨店は何処へ行くのか? それが分れば苦労はないが、答えはふたつ。デパート発祥の形態に帰るか、買い物以外の色を出すかと゜ちらかである。前者、つまりデパートとは当初は「スーパー」と同じ安売り店であった。個店よりも品揃えを充実させ、しかも安価で売ったのがデパートの始まりである。時と共に、にデパートは勝手に「高級化」した。そして後者。専門量販百貨店がまだ出来ないのは「文化・芸術」である。何も、地下3階から15階まで全部美術館にしろと言っているのではない。デパートに行くと、日頃の喧騒の中では味わえない文化的空間、芸術、それだけでなく、癒しとか健康とか、そんな人間の深層に潜む憧憬を満たしてくれる空間であれば、人はその対価を払うのではないか。
[PR]
by vanyatan | 2007-01-23 11:31 | 経済・産業
2006年のビール系飲料(ビール・発泡酒・第三のビール)の課税ベース出荷量が17日発表され、6年連続でアサヒがキリンの追い上げを鼻差かわして僅差でトップ。実は、驚いた事が二つf0058462_10384547.jpgあり、銘柄別でいうと、ビールはスーパードライの圧勝ということと、キリンは、ビール、発泡酒、その他雑酒それぞれの部門でくまなく消費量を稼いでいること。筆者は「とりあえずビール」派であるが、エビスビールとか、ベルギービール、後は例えば中華で青島ビール、タイ料理でシンハービールというくらいの指名はあるが、後は余り気にしないから、当然の事ながら、ビールの銘柄と生産会社は一致するものの、発泡酒、その他雑酒に関してはどの銘柄がどのメーカーから販売されているのかまでは分からない。

以前に、日本人一人当たりのビールの消費量は世界に比べて少ないというデータを見たことがあるが、自分も含め、夏期のビアガーデンの活況ぶりや、四季を通してのその消費量っぷりから、この倍以上も呑む輩というのは、一体何者であろうかと、その現実を疑う。そういえばスーパf0058462_10394588.jpgードライが発売された当初は「コクがあるのきキレがある」というコピーで、如何にも同業他社の「コク」が売物の商品はキレが悪く、又、キレだけじゃビールじゃなくて炭酸水みたいだぞっという主張に半ば可笑しさを感じたと共に、当時プロゴルファーの御三家だった、尾崎、青木、中島というところをTVCMに登場させ、消費者のみならず、バブル前夜でゴルフに興味をもちだした、小売酒販店の店主をターゲットにした試みにはそのマーケティングリサーチの深さに感服したものだ。一方で爆発的な大ヒットに食の蘊蓄漫画や美食家センセイ方には「このものはビールにあらず」とばかりに叩かれた。それでもいつしかアサヒのフラッグシップ銘柄になり、且つ、とにかくひたすら「鮮度」を強調し続けた結果、ビール販売のトップに踊り出て、今日のアサヒがある。

今年はそのスーパードライ発売20年であり、早くも記念ボトルの発売など戦略にも余念が無い。キリンのラインナップ戦略とのビール商戦一騎討ちは、スーパードライのメモリアルイヤーだけに見物である。


※データはいずれも日本経済新聞より転載
[PR]
by vanyatan | 2007-01-19 10:37 | 経済・産業

軽自動車が台頭

都会の道路を走っているとそんなに多い気はしないが、軽自動車が新車販売を席巻している。スズキワゴンRは、これで3年連続の売上第1位である。自動車という乗り物には二面性があり、道具という側面と共に、これはどちらかというと男性陣に多いのが、趣味という範疇であり、いわゆる大きく高額なオモチャという奴だ。軽自動車は、完全にクルマを道具として価値を見い出している人達の支持であろう。

f0058462_2323881.jpgかくいう筆者も最近は自動車に関して、以前の趣味から道具派にシフトしている。というより、家族の一員から世帯主となり、扶養家族が増えていくに従い、車種のセレクトも対象がせばまって来る。以前から、クルマとはライフスタイルを反映する最たるものだと考えていたが、今、RV車に乗っているのもそうで、7人乗りが必要になるシテュエーションが結構多かった。どうしても子ども達が小さい時、あるいは学校関係のPTAや、サークル活動のお手伝い、友人関係とのレジャー等、家族以外で3列乗車をする機会は多かった。しかし、長女が高校、次女が中学ともなると、流石に家族揃って週末毎に出掛けるなんていう機会もなくなる。今や、年間せいぜい走っても4000kmに、350万で購入し、税金、駐車場代、ガソリン代、保険代その他諸々のメンテナンス費用を考えると、一体1ヶ月にどのくらいタクシーを利用できるのだろうと考え込んでしまう。最近は家内のショッピングカーと化してしまっているだけである。そう、ショッピングカーであるのなら軽自動車が最適であり、その中でならやはりワゴンRというのは中々良い選択なんだと思ってしまう。

ここ数年はクルマり情報にも疎く、相変わらずカローラなんかが一番売れているのだと思っていたが、なんでカローラみたいな中途半端なクルマが売れているのか不思議だったが、最近の傾向に、この国にはクルマをより実用的に、且つ、道具として使用いるという傾向が強まっているのだと思う。都会に比べると、生活必需品である地方に行くとクルマの数は断然多く、そういうところでは以前からよく軽自動車を発見した。とても実用的に使われていた光景である。軽自動車を見直してみようかと思う。
[PR]
by vanyatan | 2007-01-17 23:23 | 経済・産業
最近の子供達は贅沢なのか、それとも、不二家の宣伝やイメージ戦略が下手なのか、二人の10代の娘が居る我が家では、チョコレートなどは買っていても、不二家の生菓子には、とんと縁がない。昔は不二家のプリンやシュークリームと言えば、泣く子も黙る、生洋菓子の王様的存在であった。さらに言えば、不二家の店舗自体も然程見かけなくなった。単に目に入らないのかも知れないし、もしかしたらペコちゃんという存在が、今の子供達には何のステータスも感じないのかも知れないし、そういう筆者も、カーネルサンダースは認知出来ても、現実問題として不二家の店頭にペコちゃんが立っているのかどうかも存じ得ない。

不二家という企業は藤井家の言わば同族会社であるが、不二というのは二つと無いという意味f0058462_2392066.jpgで、そういう凄い自信溢れるネーミングである。事実、何度も書くように、筆者が幼い頃、不二家の様な洋菓子店は二つとなかった。が、故に、今日の大失態に繋がったとも言えるかも知れない。しかし、日本の家庭の中に、スウィーツとして様々な洋菓子が入りこんで行く中で、老舗故に企業努力を怠っていたのも事実。結局は今でもペコちゃん頼みだったのではないか?そうでなければ、少くとも街並みでコージーコーナーと同じくらいの頻度で視界に入って来る筈で、こんな形でこの洋菓子会社を再認識する悲劇にはならなかったと思う。残念だ。これを機に変革を願いたいと同時に、過去の栄光でなく、過去の経験に培った新しい洋菓子業として再出発して欲しい。


※ペコちゃん専用のサイトも不二家のページ内にあるらしいが、現在はすべて謝罪文になっている。
[PR]
by vanyatan | 2007-01-13 23:11 | 経済・産業
ナンバーポータビリティー(MNP)で、ドコモが11月に初の契約数純減は実は予想通り。auへの移行が殆どあり、これにより、ドコモは1993年以来初めて、契約者数が減った。とはいえ、まだ、auとソフトバンクを合計した契約者数を大きく上回っている。MNPに向けての出遅れ、携帯年齢の若年化などに対して、このところのドコモは消費者の対象を絞りこめなかった。

もっとも、筆者にしてみればキャリアより常に端末に注目している。世界的に売れている端末とf0058462_2343318.jpg言えばご存知の通り、ノキア、モトローラ、サムスンが御三家で、上位2社で半数以上を占める。我国の端末メーカーはソニー・エリクソンの4位が最上位で、他のメーカーは全く入っていない。日本でも、特に上位2社の機種を使っている人を発見すると、お洒落だし、携帯を良く知っている人だと思う。

日本人は自分達を携帯先進国だと思っているが、日本製の端末は余計な物がたくさんついているだけで、そもそもが短期間での買い替えを前提に作られているから、世界的には壊れ易いと物凄く不評。大体、携帯先進国が今年になってやっとMNP制度を取り入れるというのだからやはりその意識はちゃんちゃら可笑しい。

筆者も携帯とつきあいだしてそろそろ20年近くになろうとしているが、最初はPというパナソニック製。会社でもたされたから良く知らないが、通話料金が1分間で80円くらいだったと思う。その後、自分で購入したのが、P101、その後、P201、P203、P205、P207とパナソニックが続いたが、iモード機種のP501は不具合が多く、その後はN502、N503、N504、N505と日本電気につきあった。決して良い端末だと思わなかったが、電話帳の登録機能が、他のメーカーより使い易く、見易かったのがその理由。FOMA導入を機に、パナソニックに戻り、P901は久々に気に入った機種で、電池迄買い替えたが、蝶番が壊れてしまい、現在のSO902 に至っている。この機種もいわゆるpreminiってタイプで、軽量で余計な物も余りついてなく、カメラも一応320万画素あるので、デジカメを忘れた時には結構助かる。

別にソニー信者ではないが、身の回りにソニー製品が多く、テレビ、ビデオカメラは勿論の事、一時期はワープロ迄ソニーだった。古くはビデオもベータだったし、逆にソニーでない商品は、パソコンやDVDの様に複数台ある製品の1台(パソコンはノートのIBMとダイナブック、デスクトップはVAIO、DVDはパイオニア)やソニーの扱ってないシロモノ。後はデジカメのキャノン、FAXのパナソニックの様に顕かに、他社製品の性能が上回っているもののみ。携帯電話もついに仲間入りだ。

ドコモの話に戻るが、今ですらauとかソフトバンクとか言っているが、昔はIDOとか、東京デジタルホン。筆者がドコモだった時のIDOなんて、車載の移動体通信で、はっきりいって持っているのが恥ずかしかった。つまり、ドコモを選択するのは全くもって自然の流れだったのだ。とはいえ、最近は料金体系が難しくなり、先のソフトバンク0円のみならず、各キャリアに対して表示の指摘があった。自由競争には反するが、いっそのこと料金プランは統一して、端末の品質で勝負をすれば、もっと携帯電話も個性的な商品になるのではないか?そういえば、ソフトバンクのボーダフォン買収ですっかり忘れていたが、新しい帯域での新キャリア参入の話は何処へ…
(画像はこれぞ携帯端末のお手本、モトローラーの「MOTOFONE」)
[PR]
by vanyatan | 2006-12-13 23:06 | 経済・産業