情報時代にVanyatanが勝手に選りすぐった記事を無責任に解説・提言いたします。元は「利用価値のない日々の雑学」から分派致しました。


by vanyatan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:政治( 4 )

5月16日(土)、二大政党の一方として次期政権争奪を目論む民主党は、去る11日の小沢前党首の辞任を受けて、代表選挙を行った。結果は有効投票数220票、内、鳩山氏124票、岡田氏95票と(無効票1)、得票率では57%対43%の14ポイント差で、鳩山氏が勝利した。「接戦」と報じたメディアもあったが、圧勝とまでは行かないかもしれないが、14ポイント差では、安定した勝利という言い方はできる。世論と称して、直前調査という「国民の声」紛いの数字を露呈する浅はかなマスコミも中にはいたが、来るべき選挙戦で政権を取るということに重きを置いて、慎重に票を投じたこの政党に唯一残されている良識には、岡田グループ、前原グループの議員は兎も角も、その他の議員に関しては一応の敬意を表したい。

f0058462_18325497.jpg今回評価したいのはもう一点、小沢氏の11日の辞任を受けたその週のうちに次の代表を決めた「スピード」である。勿論、これには、民主党の身内や、政党通には、多くの批判意見があるのは承知の上である。つまり、逆に言えば、小沢氏の辞任は最初から決まっていたが、問題はそれがいつ公表されるかで、それに対して、首脳部、中でも一番近い鳩山氏がそのキャスティングボードを握っていたと同時に小沢氏の胸中をすべて承知の上だったというハンデキャップは、他の代表候補より、何歩も先んじていたのは事実。しかし、同時に、前幹事長としての、「責任の取り方」のひとつとして、この党体制や党の力を依存して、来るべき衆議院選に備えるというのは、大きな「責任の取り方」であり、それは、「城を枕に討ち死に」が美徳だとされた日本人的ではないかもしれないが、それこそが21世紀もまかり通っている政治体質と有権者の貧困な世論にこそ問題がある。考えてみれば、前回の自民総裁選はどうだったか。党内の代表を決めるだけのことに、全国を行脚し、下手なドサ回り劇団の足元にも及ばない顔見世興行をやってのけて、それで国民の理解を得たといっている。一方で、持論のないマスコミは国民の意見と称して、三流のキャスター崩れまでが、全ての国の政策に対し、「国民は納得しない」の一辺倒。つまりは、国民大安売り時代なのである。

しかし、今回の民主党代表選は、その殻をひとつ打ち破ったと思う。個人的には、小沢辞任を最初に公言したf0058462_18341073.jpg前原氏に出て欲しかったし、本人が駄目なら枝野氏でも、また、野田氏は前回の代表選で勇気がなくミソをつけたのなら、こちらも代わりに(というか、党派を超えてバランス感覚があり野田氏にも近い)原口氏辺りが出て欲しかったしという部分はあるが、その辺りは岡田氏が全部背負ったのかもしれないとしても、前回衆院選の「大敗の将」に43%の得票率というのは、まだまだ民主党にも本気で政権与党になる覚悟のない輩が多いという印象もある。この点は残念だ。

17日、大方の予想通り、鳩山代表は岡田幹事長起用を発表。自民党側には「岡田さんより鳩山さんの方が戦いやすい」というが、そうだろうか? 選挙に負けない小沢氏の力は依然残っている訳だし、今回の「スピーディー」な一本化は自民には到底できない芸当。これこそが自民党との差別化で、もつとこういう点を強調していくと国民には分かり易いのである。国民を出汁にするのでなく、国民には分かり易さが一番である。これからの民主党はこのスピードをウリにしたら勝機は幾らでもある。
[PR]
by vanyatan | 2009-05-17 18:34 | 政治

安部総理突然の辞意表明

安部政権とはなんだったのか?

改革の名の元に、自民党をのみならず、日本国をもぶっ壊しかけた小泉の後を受けて、「歴史的」ならずとも、先の参議院選では、どう考えても、初めから負けるのが分かっていながら、自民党総裁になり、歴代首相に名を連ねたが、結局、何をなさったのだろうか。

「美しい国へ」という本も出版し、総理になった頃は、支持率も高く夫人もファーストレディーともてはやされたが、最近は見る影もなかった。

f0058462_0435055.jpg内閣人事も後々とやかく言われが、発表登場は派閥の均衡と論功行賞との合間を巧みにすり抜けたと評価した。それ以降の閣僚の不正は結果論であるし、お友達内閣も取ってつけた様なマスコミのひやかしだ。


ただ、彼がはっきりしていたのは、ただひとつ、強いリーダーシップの欠如である。


小泉が何を残した?
郵政民営化だけである。郵政民営化って、これからの国際政治、世界経済の中でそんなに必要か。寧ろ、半官で今までは手がつけられなかった巨大マネーを外資は宝の山と狙ってくるぞ。

先の衆院選も一方的に争点を郵政解散、郵政選挙に作り替え、結果小泉チルドレンという多くの無知議員を世に送りだした。


だが、これを為し得たのは強いリーダーシップである。


参院選では、小沢がこの手法に習った。「分かり易さ」に加え、リーダーシップとして、彼は、自分の政治生命をかけたが、安部は応じられなかった。
選挙の差はそれだけだが、それが「大差」である。


今、国民の多くは年金で騒いでいるが、小泉はなんと言った?
「人生いろいろ」と言われたんだよ。真面目に労働して来た人が、島倉千代子の歌にされたんだぞ。今、考えれば、あの時から社保庁改革をやっていれば、今日のここまで酷い事にはなっていなかったのだ。


もうひとつ、小泉劇場に惑わされのは、氏の決断力にある。これは賞賛する。
元来、日本人は決断力に欠ける民族だ。あちらもこちらも立てるのが好きだ。だが、それは、国政には全く役立たない。


残念なのは、このタイミングの辞任と、その理由である。小沢民主の方向は最初から政局論に入っていた。今国会で首相の公約を打ち破る事で、安部の政治を断つ。そして、国民に真意を問うという筋書きだった。桝添と長妻の年金論争なんて国民へのまやかしである。だが、ここ数日はこの小沢戦法が一部の有能な国民にみすかされていた。逆にチャンスだったのである。
故安部晋太郎も、優秀であったが、決断力は弱かった。だから、首相にはなれなかった。


安部は辞めるから良いが、残されたのは…?


今回は、我々国民であることを忘れてはならない。
自民党をブック壊すんじゃない。この腐りきり、且つ行き場のない政界をぶっ壊さないと、本当にこの国に未来は無い。
[PR]
by vanyatan | 2007-09-13 00:44 | 政治

柳沢発言・久間発言

機械って、機会に言い直せなかったのかなぁ。それこそボキャブラリーの貧困である。というか、国語力の無さ。実際、柳沢大臣といえば、筆者同様、二女の父であるし、しかも奥方は有名f0058462_1143595.jpgな陶芸家で傍から見ても「恐妻家??」。過去にもこういった失言は無い。しかも、当人もその場でも既に謝罪をしているし、その後は連日謝罪・謝罪。逆に今国会がこれで停止してしまうことの方が運営上の大問題。この間にも、国民の税金は無駄に使われているのだぞ。国民はそれを知っているのだろうか?

それよりも、何で、女性議員って徒党を組むの。それが超党派って、全くもって意味が分からない。あの程度のことなら福島一人で十分じゃない。ましてや、辻元って本当に懲りない。暇だ。普段何してるんだろうと思う。あんたも、政治家としてはバツイチ、しかも失言でなく、税金横領だって事を忘れるな。これも、本人だけでなく、国民も忘れてはいけない。しかし、こんな茶番は、それだけで引いてしまうね。

柳沢発言があるまじき事は論外。でも、そんなレベルの低い正否はマスコミとかにやらせておけばいいじゃない。何もお偉い国政を担ったセンセイ達が出てくる必要なんかどこにも無い。今国会は課題だらけなのだ。柳沢発言を取り上げて、女性議員が騒いで、出生率が上がるのなら是非大いにやって欲しいが、万に一つでもそんなことは無い。ましてや某首相小飼まで、私は不良品って、本当にそう思ってるのなら、国立出たかどうか知らないが、アンタの脳細胞が不良品だって…。久々にエキサイトしてしまったが、ひとつ分かったのはこの国の女性議員の殆どは、マスコミと同程度の低い知性と、大志しか持ち合わせていないということ。

f0058462_11441721.jpgしかし、それよりもまずいのは久間発言なんじゃんないか。久間が言う言わないに限らず、アメリカの政策が間違っていたことは事実。だが、日本は、それに賛同して、自衛隊から沢山の赴任を出した。それは、軍隊を持たない我が日本国を代表しての、立派な行動である。そのトップが久間の立場なのである。逆に言えば、久間以外のすべての国民が「アメリカの政策は間違い、日本の自衛隊派兵も間違い」と騒ぎ立てたとしても、自衛隊のボスである彼だけは、「間違ってない」という発言をするべきである。大体、この人は昔から失言が多く、又、カネの出所も複雑で疑惑が多い。この人物こそ、安部内閣を根底から崩す起爆剤になりかねないし、この発言こそ国民は許してはいけない。
[PR]
by vanyatan | 2007-02-01 23:40 | 政治

自民党復党問題

f0058462_021519.jpg復党問題が、ここに来て揺れている。特に、岐阜1区は先の選挙中から女の戦いとしてクローズアップされていたので、マスコミもやたらとここを追いかける。

まず、復党直前の野田議員のコメント、「国民が郵政改革を望んだ?」から復党する。だけど貴方に投票した有権者はそれを望まなかった国民ではないのか?それから、今になっては孤軍奮闘の感のある佐藤議員もやたらと支部長だの公認候補を連呼する。まぁ、大臣経験もある野田氏に比べ議員経験も浅く実績も無い、ましてや委員会の採決にも無断欠席して個人を優先する意識レベルの佐藤氏では、言葉の重みが違うのはいた仕方ない。

ただ、本国は議会民主制であり、衆議院は小選挙区比例代表並立制なのであるから、野田が復党しようがしまいが岐阜1区は野田が代議士である。

f0058462_0235339.jpgそして前回の「選挙民ですら勝ち馬に乗った」衆議院選挙では、比例は自民と書いた人は殆どで、結果、両議員を支持している人は多い。つまり、前回の尋常では無い衆議院選挙の総括を今更したって何の意味も無い。こうしている間にも、岐阜市は今、中小企業は経営危機の状態にあるところが多い。要はこれから何をしてくれるかに関しては両議員とも全く白紙である。野田は郵政民営化に反対した自分の支持者をどう美しい国の民として導き、応えるかであり、佐藤に至っては、まず、国会は立法府であるという基礎から勉強して貰いたい。
[PR]
by vanyatan | 2006-12-11 00:35 | 政治