情報時代にVanyatanが勝手に選りすぐった記事を無責任に解説・提言いたします。元は「利用価値のない日々の雑学」から分派致しました。


by vanyatan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2007年 09月 13日 ( 1 )

安部総理突然の辞意表明

安部政権とはなんだったのか?

改革の名の元に、自民党をのみならず、日本国をもぶっ壊しかけた小泉の後を受けて、「歴史的」ならずとも、先の参議院選では、どう考えても、初めから負けるのが分かっていながら、自民党総裁になり、歴代首相に名を連ねたが、結局、何をなさったのだろうか。

「美しい国へ」という本も出版し、総理になった頃は、支持率も高く夫人もファーストレディーともてはやされたが、最近は見る影もなかった。

f0058462_0435055.jpg内閣人事も後々とやかく言われが、発表登場は派閥の均衡と論功行賞との合間を巧みにすり抜けたと評価した。それ以降の閣僚の不正は結果論であるし、お友達内閣も取ってつけた様なマスコミのひやかしだ。


ただ、彼がはっきりしていたのは、ただひとつ、強いリーダーシップの欠如である。


小泉が何を残した?
郵政民営化だけである。郵政民営化って、これからの国際政治、世界経済の中でそんなに必要か。寧ろ、半官で今までは手がつけられなかった巨大マネーを外資は宝の山と狙ってくるぞ。

先の衆院選も一方的に争点を郵政解散、郵政選挙に作り替え、結果小泉チルドレンという多くの無知議員を世に送りだした。


だが、これを為し得たのは強いリーダーシップである。


参院選では、小沢がこの手法に習った。「分かり易さ」に加え、リーダーシップとして、彼は、自分の政治生命をかけたが、安部は応じられなかった。
選挙の差はそれだけだが、それが「大差」である。


今、国民の多くは年金で騒いでいるが、小泉はなんと言った?
「人生いろいろ」と言われたんだよ。真面目に労働して来た人が、島倉千代子の歌にされたんだぞ。今、考えれば、あの時から社保庁改革をやっていれば、今日のここまで酷い事にはなっていなかったのだ。


もうひとつ、小泉劇場に惑わされのは、氏の決断力にある。これは賞賛する。
元来、日本人は決断力に欠ける民族だ。あちらもこちらも立てるのが好きだ。だが、それは、国政には全く役立たない。


残念なのは、このタイミングの辞任と、その理由である。小沢民主の方向は最初から政局論に入っていた。今国会で首相の公約を打ち破る事で、安部の政治を断つ。そして、国民に真意を問うという筋書きだった。桝添と長妻の年金論争なんて国民へのまやかしである。だが、ここ数日はこの小沢戦法が一部の有能な国民にみすかされていた。逆にチャンスだったのである。
故安部晋太郎も、優秀であったが、決断力は弱かった。だから、首相にはなれなかった。


安部は辞めるから良いが、残されたのは…?


今回は、我々国民であることを忘れてはならない。
自民党をブック壊すんじゃない。この腐りきり、且つ行き場のない政界をぶっ壊さないと、本当にこの国に未来は無い。
[PR]
by vanyatan | 2007-09-13 00:44 | 政治