情報時代にVanyatanが勝手に選りすぐった記事を無責任に解説・提言いたします。元は「利用価値のない日々の雑学」から分派致しました。


by vanyatan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

X-boxは何処へ行く??

コンシューマゲーム機器のひとつであるX-box360が、11月発売以来始めての高売り上げを出した。理由はふたつあり、廉価版コアシステムの発売と、同時にソニーのPS3、任天堂のWiiという二大メーカーの強力新機器との相乗効果である。しかしながら、世界で700万台売れてf0058462_9143591.jpgいる割には、このゲーム大国で20万台そこそこしか浸透していないこのX-boxが悪業績の理由は単にソフトが悪い。良いソフトの開発が待たれるのである。簡単に言えば他のゲーム機器と同じ物を作っていてはこれ以上の発展はない。

セガが以前にハード機器を作っていた時も、例えばソニック(今360にも供給されているが・・・)だったり、サクラ大戦の様な、独自のソフトがコアなゲーマーを牽引した。ファミコン、スーファミでゲーム界の頂点に立った任天堂も最初は自社開発のソフトでその土台を作ったことだ。セガとの違いは、その自社人気ソフトの種類が多かったことと、プレステ登場後も同じ土壌で戦わなかった事である。任天堂は常に、低年齢を対象にしていた。だから、人気ソフトを根こそぎプレステに持って行かれた後も、ニンテンドー64等のコンシューマ機器を出した頃は、人気キャラのマリオやヨッシーを惜し気なく投入し、苦しい時代を乗り越えつつ、一方で、携帯ゲーム機の市場が成熟するのをひたすら待ち続けた。そして、ついに、ポケモンの登場が今日の任天堂を揺るぎないものにした。これから暫くは、そのポケモン世代が成人する。画像の美しさだけでなく、キャラの楽しさで育ったこの世代にプレステ3が訴求できる物は少ない。

さて、X-box360である。この機器の可能性はどうなのか? まず、この機器でしか出来ないソフトの投入である。マイクロソフトは昨今ではマックのCMでもからかわれる様に、そもそもエンタメ性が低い。かといってWindowsとの連携などもっての他だ。筆者はこの際、マイクロソフトの持つビッグマネーでアメコミヒーローの著作権を片っ端から買いあさったらどうかと思う。そしてそれぞれでそんなにコストの掛らない、アクションやパズル系を製作、イザとなったらニンテンドーオールスターをパクって、アメコミヒーロー全員参加の対決合戦をやってしまえば良いと思う。更に余力があるのなら、マリオシリーズの様に、テニスあり、カートあり、ゴルフあり、そうそうここでX-box昔の話題作、ウォータースライダーを引っ張りだしたらどうだろう。少なくとも今よりも話題性に事欠かないゲームになるんじゃないだろうか?スパイダーマンとバットガールのタッグが、バットマン・バイオニックジェニー組と戦うなんて、鉄拳より面白いかも…?
[PR]
by vanyatan | 2006-12-18 09:16 | エンターティメント